中文中文 EnglishEnglish 日本語日本語 DeutschDeutsch РусскийРусский
御嘉鑫LOGO深セン市御嘉鑫科技株式会社
  プレスセンター
  現在のポジション:ホームページ > プレスセンター > 詳細ニュース

工業情報化部:我が国のインテリジェント製造装置産業の規模は3.2兆元を超える


 

発売日:[2023/7/22]
 
7月10日、スマート製造革新発展フォーラム(武漢)が湖北省武漢市で開催された。工業・情報化部装備工業一司の汪宏副司長は挨拶の中で、我が国の知能製造装備産業の規模は3.2兆元を超えていることを明らかにした。
汪宏氏によると、近年、我が国のスマート製造の発展は大きく進歩し、2500余りのデジタル化作業場とスマート工場を建設し、工業ソフトウェア製品の収入は2400億元を突破し、主な業務収入は10億元に達したシステムソリューションサプライヤーは140社余りを超え、重点地域のモデルチェンジとグレードアップのペースは明らかに加速している。将来、工業・情報化部は関連部門、重点省との協同協力を絶えず強化し、『第14次5カ年計画』を全面的に実行に移し、システムは知能製造の深化を深く推進する。
国家知能製造専門家委員会事務総長、工業・情報化部装備工業発展センター主任のナデシコ国春氏は挨拶の中で、我が国はすでに質の高い発展の新しい段階に入っており、知能製造を主な攻撃方向と突破口とすることを揺るぐことなく堅持し、これらの年間の知能製造の推進によって形成された良好な基礎と優位性を十分に利用し、知能製造の自主革新能力の向上、知能製造装備の大いに発展、インテリジェント製造のパイロットモデルの幅と深さを広げ、産業技術の変革と最適化のグレードアップを推進し、我が国の製造業が世界のバリューチェーンの中・ハイエンドへの進出を推進する。
国家製造強国建設戦略諮問委員会主任、中国工程院院士の周済氏は、「新型工業化は中国式現代化を推進する戦略的選択であり、大国の競争優位を構築する戦略的選択であり、我が国の工業の質の高い発展を実現する戦略的選択であり、強国建設の新たな原動力を構築する戦略的選択でもある。スマート製造を主な攻撃方向とし、新型工業化を推進し、製造強国の建設を加速させなければならない」と述べた。
国家知能製造専門家委員会主任で中国工程院院士の李ベーコン氏は、「知能製造生態を構築するには、工業ソフトウェアのクラウド化を実現するには、丈夫で安定した調和のとれたデジタルサプライチェーンを構築し、デジタル化基盤を構築し、デジタル化プラットフォームの生態を構築しなければならない」と述べた。
国家知能製造専門家委員会の張相木副主任は製造業の知能化発展の推進について、知能製造において、知能工場は精髄であり、製造知識は魂であり、リーン生産は礎石であり、知能製造を推進し、核心は知能装備と工業ソフトを備えなければならないと提案した。
スマート製造革新発展フォーラム(武漢)は国家スマート製造専門家委員会が指導し、湖北省経済・情報化庁と工業・情報化部装備工業発展センターが共同で開催した。会議では「工業インテリジェント化時代に向けた次世代工業制御システムアーキテクチャ白書」も発表された。